まさか食中毒!?自分の食事を見直した日

たまたま休みの日でしたが、その日は朝からなんだか身体が重い…。

横になって休んでいると突然胸のあたりが気持ち悪くなり、「これはマズイ!」とトイレに駆け込みました。

そして今度は腹痛がはじまり…。

なんとなく身に覚えのあるこのパターン。

真っ先に浮かんだ言葉が「食中毒」でした。

ゼーゼー言いながらスマホを手に取り、近所の内科に電話します。

さすがにその日は身体を休めたかったので、翌日に診察の予約をとりました。

ところが…明日が来る前に、症状がピタリと治まってしまったのです。

軽症だったのかもしれません。

病院へは行くだけ行きましたが、私がピンピンしていたのでお医者さんも困った様子…。

「落ち着いているのでしたら、とくに何をすることもありませんねぇ…。しばらく安静にして、消化のいいものを食べてください。」

と言われて帰宅しました。

それを機に胃に優しい料理を調べたのですが、これが意外な発見が多かったのです。

たとえば葉物野菜、食物繊維が多いので細かく刻んでよく煮て食べないと逆に胃に負担をかけるとか。

今まで野菜=消化にいい、というイメージだったので驚きました。

また、普段は硬いイメージのあるダイコン等の根菜類が、実は消化に良いのも意外でした。

結局腹痛の原因はわからないままでしたが、振り返れば夏バテ気味で胃腸が弱っていたのも事実です。

もしかしたら知らず知らず、胃に負担をかける生活をしていたのかなぁ…なんて思いました。

一時はどうなるかと思いましたが、自分の食事を見直すいいキッカケになったかな、と思っています。